03-3771-4270

お店情報

言葉にできない気持ちをお花にこめて贈りませんか。心のこもった花のギフトをあなたのやさしさと一緒にお届けします。誕生日や記念日、発表会や送別会と日常の花贈り、母の日や敬老の日、ホワイトデーやXmasと季節やイベントに合わせたギフト、開店など会社関係のお祝いや、ご法事などお供えの花もおまかせください!

大花園(東京都大田区 花屋)ブログ

3/3は桃の節句。桃と菜の花好評販売中!

2019年02月27日 6:33 PM

東京都大田区山王 大森の花屋 大花園(だいかえん)季節の旬な花をあなただけの贈り物に!上質でモダンな花贈りを大森スタイルでお届けします。

3/3は桃の節句!ということでまずはうんちく。

桃の節句は、3月3日のひな祭りのことを言います。桃の節句の歴史は古く、日本においては平安時代にまで遡ります。桃の節句の由来は、平安時代の貴族が薬草を摘み、その薬草で体の穢れをお祓いして健康と厄除を願う「上巳の節句」が始まりとされています。そしてひな祭りの起源となっている「流し雛」が行われるように発展していきました。

流し雛とは、自分に降りかかる災厄を身代りに引き受けさせ、川に流して不浄を祓うというものです。室町時代になると上巳の節句は3月3日に定着し、紙の雛人形ではなく、豪華なお雛さまを飾って宮中でお祝いが行われるようになりました。時代は進み、江戸時代になると女の子の人形遊びである「ひいな遊び」と節句の儀式が結びつき、「ひな祭り」として全国に広まっていきました。

3月3日にひな祭りを行うのは、ちょうど桃の花が咲くころで、桃には魔除けの力があるとも考えられていたことから、節句を祝うのにふさわしいものとして、「桃の節句」と呼ばれるようになりました。

桃の節句に雛人形を飾ることは、
生まれた子どもが健康で優しい女性に無事に育つようにという願いを込め、子どもに災いが降りかからないようにという願いを込め、今に伝えられています。女の子が産まれてから初めての桃の節句に雛人形を飾り、家族の皆で健やかな成長と災厄よけを願ってお祝いをすることが「初節句」です。

最近では初節句を行わない家庭も多いようですが、大切なお子さんの一生を守ってくれる大事な儀式です。しっかりと行い後世に伝えていきたいものですね。

東京都大田区山王 大森の花屋 大花園(だいかえん)季節の旬な花をあなただけの贈り物に!上質でモダンな花贈りを大森スタイルでお届けします。

お雛様には桃と菜の花が欠かせません。お雛様に飾りやすいように小束にしてあるものから花瓶にいけられる枝を束ったものまでご用意してお待ちしています。

桃と日本人のお付き合いは最古は縄文時代前期からということで主に実を食用のほか祭祀用途にも使われていたようです。お雛様に飾る桃は花を観賞するための園芸種です。桃の実は漢方では血行を改善する薬として婦人病などに効果があるそうです。また木自体も丈夫で箸などに使われていたということで桃の木は強い霊力があるとされていました。桃から生まれた桃太郎が強いのはそのためですね。

もも「桃」の語源はいろいろあって「真実(まみ)」という実から発想されたもの、実の色から「燃実(もえみ)」とされたもの、たくさんの実をつけることから「百(もも)」とするものなどなどです。ちなみに「木」+「兆」で、兆しは妊娠の兆しのことだそうです。こうしたことから桃の花は女の子の節句である桃の節句につながったということです。

東京都大田区山王 大森の花屋 大花園(だいかえん)季節の旬な花をあなただけの贈り物に!上質でモダンな花贈りを大森スタイルでお届けします。

内裏雛(男雛と女雛)の並べ方をご紹介します。

みなさんも京都風の並べ方は男女左右逆という話を聞いたことがあると思います。写真下の古典的と記載した並べ方「男が向かって➡」が京都風です。論語の天子南面のとおり皇帝は南に向いて座り臣下は北面を向きますが、南に向いた際の東、日の出の方向(つまりは左側)が上座とされます。そして西、日の入りの方向(右側)は下座となります。
この南面日の出方向=左が上、の考え方は「左大臣、右大臣」や京都の左京、右京が御所から見て左右であるように日本では歴史的に根付いた考え方の様です。

しかしこれが明治以降昭和初期にかけて国際化が進む中で「国際儀礼」の右(自分から見て)上位の考え方に切り替わっていきました。昭和天皇の即位の礼がこの国際儀礼に習った形式だったそうで、これをターニングポイントに内裏雛(男雛と女雛)の並び方もそれに習った現代風に切り替わったそうです。結婚式の新郎新婦もこの並び方ですね。

お正月に紹介したしめ縄の向きなどもそうですし右と左の話はややこしいです。しかしながら、面白いことに現代風の内裏雛(男雛と女雛)の並び方になっても左近の桜・右近の橘はそのままなのです。そう考えると京都風のほうがしっくりくる??ややこしい。

結論としてはどちらも間違いではないのでお好きな並べ方で良いと思います!

タグ: , , , , , , ,

この記事のコメントは受け付けていません。

大花園

フラワーギフト・プレゼントのことなら、東京都大田区の花キューピット加盟店

住所 143-0023 東京都大田区山王3−29−2
電話・FAX

電話:03-3771-4270

03-3771-4270

FAX:03-3776-8715

営業時間 10:00〜19:00  
定休日 火曜(行事営業)、正月5日間休
配達可能
エリア
大田区(山王・大森西・大森北・北馬込・東馬込・中央・南馬込・西馬込・中馬込)、品川区(大井・南大井…

フラワーギフト・お花のご用命は当店におまかせください。

お花の贈り物のことなら、「大花園」(東京都大田区) におまかせください。
お誕生日・各種お祝いやプレゼント、お悔やみ、お供えなどのお花の贈り物。ご用途に応じたフラワーギフトを、当店のスタッフが心を込めておつくりします。東京都大田区へのお花のお届けなら当店にお任せください。