03-3771-4270

お店情報

言葉にできない気持ちをお花にこめて贈りませんか。心のこもった花のギフトをあなたのやさしさと一緒にお届けします。誕生日や記念日、発表会や送別会と日常の花贈り、母の日や敬老の日、ホワイトデーやXmasと季節やイベントに合わせたギフト、開店など会社関係のお祝いや、ご法事などお供えの花もおまかせください!

大花園(東京都大田区 花屋)ブログ

シンビジュームのうんちくと育て方。再掲載

2015年12月13日 3:43 PM

大田区大森山王花屋シンビジューム育て方

ギフト用の洋ランでは胡蝶蘭と並んで人気のあるシンビジューム。同じランでも胡蝶蘭とは少し事情が異なります。
胡蝶蘭は木や岩の上に根を張りつかせている着生ランと呼ばれる種類です。
この仲間はCAM植物と呼ばれていて、カトレアやバンダ、デンドロビウムやオンシジウムが有名です。
水分や栄養の補給が非常に難しい木や岩の上に張り付いて自生しているので生態も特殊です。
ほとんどの品種は夜に気孔を開いてco2を吸収貯蔵し、昼は気孔を閉じて水分の蒸発を抑え、
一連の光合成活動を昼と夜に分けて行っているそうです。
根は空気中にむき出しで、水分や養分を蓄えるために茎や葉が厚いものが多いです。
また夜間の光合成は20℃くらいの温度が適していると言われています。
対して地生ランは地面に根を下ろして自生していて、雨期に水分や養分を吸収貯蔵し乾季は休眠するものが多いそうです。
貯蔵は肥大した根や茎で行い、着生ランに比べて水分の補給が容易なため根は細めです。また葉は薄く細いものが多いです。
代表的なものはフィオペディラムやエビネラン、シュンランで、このシンビジュームは半地生ランです。
このように生活する環境が違うので管理の方法や難易度も異なります一般家庭で次の年も育て花を咲かせるということでは地生ランに分があるようです。
胡蝶蘭とシンビジュームを比べると胡蝶蘭の方が対環境ではシビアで、シンビジュームはほっておいても次の年に咲いたという話をお客様からよく聞きます。
またどちらも耐寒性はありませんが、比較的シンビジュームの方が対応できる温度に幅があり寒さには強いようです

タグ: , , , , , , , , , , ,

この記事のコメントは受け付けていません。

大花園

フラワーギフト・プレゼントのことなら、東京都大田区の花キューピット加盟店

  • 直接配達
  • 宅配OK
  • お電話OK
住所 143-0023 東京都大田区山王3−29−2
電話・FAX

電話:03-3771-4270

03-3771-4270

FAX:03-3776-8715

営業時間 10:00〜19:00  
定休日 火曜(行事営業)、正月5日間休
配達可能
エリア
大田区(山王・大森西・大森北・北馬込・東馬込・中央・南馬込・西馬込・中馬込)、品川区(大井・南大井…

フラワーギフト・お花のご用命は当店におまかせください。

お花の贈り物のことなら、「大花園」(東京都大田区) におまかせください。
お誕生日・各種お祝いやプレゼント、お悔やみ、お供えなどのお花の贈り物。ご用途に応じたフラワーギフトを、当店のスタッフが心を込めておつくりします。東京都大田区へのお花のお届けなら当店にお任せください。